Case Study解決事例

解決事例

事例1202

交通事故示談★物損・当方自動車vs相手方バイク・過失割合について「当方:相手方=20:80」→弁護士交渉で「当方:相手方=0:90」として示談解決NEW

2024/06/10

  • 過失割合
依頼者:男性、熊本市内在住
事故態様:当方車両(自動車)が道路を走行していたところ、道路に出て来た相手方バイクと接触した事故
 
 
《弁護士の活動~相手方との過失割合の交渉→示談解決》
訴訟になった場合には、かなり苦しい事案であり、相手方も、そのことは把握している様子でした。
しかし、弁護士が、粘り強く交渉した結果、
最終的には、過失割合について、
 
「当方:相手方=20:80」→「当方:相手方=0:90」
 
の片払い(この場合、相手方は当方に過失割合に応じて支払をしますが、当方は相手方には支払わない、ということです。)で、示談解決することができました。

前のページへ

交通事故被害は無料相談のご予約を!

相談料・着手料0円

弁護士による示談書無料診断も行っています!

  • 096-342-7707 平日9:00~19:00/土曜12:00~17:30096-342-7707 平日9:00~19:00/土曜12:00~17:30
  • メールでのお問い合わせ 24時間受付中!メールでのお問い合わせ 24時間受付中!

弁護士費用特約がある場合は
特約保険会社に相談料を請求させていただきます。

ページトップヘ